WiFiルーターの比較!おすすめの家庭用ルーター

WiFiルーターの比較!おすすめの家庭用ルーター

wifi,比較

 

日進月歩のインターネット技術。パソコンやスマホだけではなく、テレビやゲーム機、はたまた各種オーディオにも必要不可欠なものとなりつつあります。家庭内のそれらのデバイスにネットワークを接続するのに、非常に便利なものが家庭用WiFiルーターです。

 

光回線などにルーターを接続してしまえば、そのルーターが家中に電波を飛ばして各デバイスをネット回線に接続してしまえるのでとっても便利ですね。

 

ここではWiFiルーターは、自宅に届いたインターネット回線に接続して使用するものを指します。単体でインターネットに接続可能な機器ではないので、モバイルWiFi(ポケットWiFi)と呼ばれる電波が届く場所であればどこでも使用できて、複数の機器をネットにつなぐことができる機器と区別されます。


WiFiルーターの比較の重要ポイント

自宅で使用するWiFiルーターといっても、多くの種類がありますね。

 

どのような機種を購入すればよいのだろう? とお悩みであれば、次にあげるポイントをチェックした上で、ご自身のご希望に合っている機種を選定いただければと思います。

 

WiFiルーターの、各メーカーの特徴

自宅で使用するWiFiルーターは、国内メーカーが多いです。
まず主要なメーカーの製品には、どのような特徴があるのか見ていきましょう!

 

  • BUFFALO ユーザーフレンドリー。とにかく使いやすさを意識している。公式HPもおすすめ!
  • NEC とにかく通信が安定している。
  • IO-DATA 初心者でも安心な扱いやすい機器が多い。
  • ELECOM 機能性の面でおすすめ。

 

といった、大まかな特徴が存在しています。

 

WiFiルーター初心者の方であれば使いやすいBUFFALOやIO-DATAを選択し、WiFiルーターの使用経験があり、通信の質や機能にこだわりたい方であればNECやELECOMを選択するというように、その方のニーズに適した製品が多いであろうメーカーをみていくのがポイントです。

 

WiFiルーターの電波について

WiFiルーターは、電波を利用して家庭内の他の機器にインターネット回線を接続するわけですが、この電波には「電波強度」と「伝送距離」が存在しているというのはご存じでしょうか?電波は、他の機器に届くまでに障害物や、他の電波により弱くなるものです。

 

WiFiルーターの電波の周波数は、5GHzと2.4GHzがあります。エントリーモデルであると、2.4GHzしか利用できないものもありますが、たいていの機種は5GHzと2.4GHz両方に対応しています。

 

2.4GHzは伝送距離が伸びる傾向にありますが、他の電化製品の影響を受けやすいです。電子レンジやBluetoothなどと干渉してしまうことがよくあります。

 

一方で5GHzならば干渉は受けにくく通信速度も速いのですが、伝送距離はあまり伸びません。
両方の電波を使用することで、常時快適な通信を実現している機種もあります。

 

WiFiルーターの無線の規格も色々あるようだけれど?

WiFiルーターの無線の規格についてですが、「IEEE802.11」という規格があり、「a」「b」「n」「ac」に分かれています。

 

現在、様々な機器に幅広く利用されているのは「11n」という規格です。「11ac」という規格も登場していて、「11n」と比べてだいぶ高速化を実現しています。「11ac」は、今後主流になっていくでしょう。

 

内臓アンテナと外付けアンテナもあるようだけど?

電波を送受信するアンテナについては、「外付け」と「内臓型」のモデルに分かれています。「外付け」はアンテナの方向を変えることにより、最適な通信状況を作りだせます。(指向性といいます。)一軒家やワンルーム以上のマンションでは特におすすめです!

 

「内蔵型」はコンパクトで場所をとりません。ワンルームにおすすめですが、最近では広い間取りや階をまたいで使用しても問題ないように設計されているモデルも多く登場しています。

価格もお手頃!コンパクトなワンルーム向け機種

複数の部屋をまたぐわけではなく、ワンルームの部屋でWiFiルーターを使用したい場合は、ワンルーム向けの機種を選択すればこと足ります。

 

エントリーモデルも多いので、初心者にわかりやすいユーザーフレンドリーな機種が多いです。
おすすめの3機種を見ていきましょう!

 

BUFFALO WRC-1166DS

こちらは手のひらサイズのWiFiルーターで、「11ac」規格、5GHzと2.4GHz両方に対応しています。
受信感度のよさが、ユーザーに評価されています。専用アプリをスマホにダウンロードすることにより、セットアップや設定変更がラクラクできるうえ、自動アップデートも付いています。

 

機能が充実しているにもかかわらず、なんと3000円台というコストパフォーマンスを実現していますので、ワンルームで使用するWiFiルーターの最有力候補と呼んでさしつかえないでしょう!

 

NEC AtermWF300HP2

こちらは「11ac」と5GHzに対応していませんが、幅広く届き、安定した通信が売りです。

 

スマホでの設定にも対応していて、ユニークなのは「こども安心ネットタイマー」です。こちらはゲーム機やスマホの接続時間を機器ごとに管理できる機能で、お子さんがいる場合にはとても役立つでしょう!

 

文庫本よりも小さいサイズという、コンパクトさもポイントですね。通信の安定と質を求める方には、特におすすめのWiFiルーターです!

 

ELECOM WRC-733FEBK2-A

こちらの機種も「11ac」規格、5GHzと2.4GHz両方に対応しています。前述した2機種に負けない、色々な機能が充実していますが、注目したいのが「マルチSSID機能」と「ゲストSSID機能」です。

 

「マルチSSID機能」は、アクセスポイントを識別するSSIDを複数設定し、高いセキュリティを保ったまま使用できる機能です。
「ゲストSSID機能」は普段家庭で使うSSIDと、外部の方に許可するゲストSSIDを別々に付けられる機能です。

 

ゲストSSID機能を使うことで、来客が来ても安心して、WiFiを利用してもらうことが可能となります!映像・書籍・音楽配信サービスのU-NEXTが31日間無料となるキャンペーンも実施されていますので、WiFi環境で活用したいサービスを試してみるのもありです!

3LDK向け機種

このクラスの機種から、本格的に複数の人数で使用することになります。接続可能な端末数も増えていきますが、設定の簡単さやコンパクトさは、それほどワンルーム向けの機種と変わりません。
部屋をまたいで使用するので、通信の安定性が気になるところです。

 

IO-DATA WN-G300R3

こちらは「11ac」と5GHzに対応していませんが、ハイパワーアンテナを搭載した機種なので、WiFiを広範囲で利用可能です!スマホでの簡単設定、文庫本より小さいコンパクトサイズを実現しています。

 

注目すべき特徴は「WiFi設定コピー」で、こちらは今使用しているルーターの設定をボタンをクリックするだけで設定をコピーすることができる、なんとも便利な機能です。買い替え時に重宝します!

 

また「ECO機能」を搭載していますので、これを有効にすることで、大幅に消費電力をおさえることが可能となります。

 

BUFFALO WHR-1166DHP2

「11ac」規格、5GHzと2.4GHz両方に対応しています。こちらもゲストWiFiにも対応しているうえ、縦置きと横置き、壁掛けに対応していて、設置場所を選びません。また、中継機としても、十分に活用できます。

 

設定も簡単で、機能が充実していますので、ホームネットワークのガイドライン「DLNA」の利用してみてもよいでしょう。「DLNA」の利用により、録画した番組をテレビやパソコンで再生できます。エントリー機種から少し予算を上げ、5000円台で購入可能な点も大きいです。

 

コストパフォーマンスがとくに優れた機種といえます!

 

NEC Aterm WG1800HP2

「11ac」規格、5GHzと2.4GHz両方に対応しています。こちらの機種も「こども安心ネットタイマー」「ECOモード」に対応しているのがうれしいところです。

 

簡単な設定を実現できるスマホ用アプリも充実しています。電波が高品質で、安心して使うことができます。この機種は3階建ての一軒家でもおすすめです。3LDKであれば、申し分のない性能を発揮するでしょう!ユーザーフレンドリーで高い性能が期待できる機種です!

4LDK以上向け機種

このクラスは「外付けアンテナ」の機種も多いです。ですが、「内蔵アンテナ」の機種増えきているため、ここでは、実用的な「内蔵アンテナ」の機種を紹介していきます。

 

補足ですが、このクラスになると「11ac」規格、5GHzと2.4GHz両方に間違いなく対応していますよ。

 

BUFFALO WSR-2533DHP

「外付けアンテナ」を除いたBUFFALOの「内蔵アンテナ」では最上位機種になります。「スリムコンパクト設計」の名のとおり、省スペースに対応できるコンパクトな機種でもあります。

 

「ビームフォーミングEX」に対応しているので、これまでのビームフォーミングに対応していなかったiPhoneやiPadでも、快適に利用しやすくなります。

 

これまで下位モデルに付いてきた「ゲストポート機能」も搭載されています。「AirStation引越し機能」に対応していて、ご利用しているSSIDを自動で引き続きすることが可能です。他社のルーターにも対応しています!

 

「ペアレンタルコントロール機能」も、端末ごとに接続時間帯をコントロールし、有害サイトの閲覧も制御可能なので、お子さんのいるご家庭でも安心してご利用できます。スペックと各種機能が充実した機種です!

 

NEC Aterm WG2600HP2

こちらは5GHzと2.4GHzに各4本のアンテナを搭載している、NECルーターのフラグシップモデルです。
速度と安定性だけでなく、電波の到達距離でもおすすめできます。

 

「MU-MIMO」に対応していて、同時に最大で3台の端末と高速通信可能です。
本体がスリムなので、設置性もすぐれています。「アンテナ内蔵」の機種の大本命でしょう!

 

ELECOM WRC-2533GHBK-I

スペックや機能などは前述の2機種と似通っていますが、5GHzと2.4GHzのアンテナを独立して配置し、電波干渉を防いで通信を高速化された「スマートアンテナ搭載」という点がユニークです。

 

ハードウェアで通信処理を行っているため、ネットからのデータを高速処理して複数台を同時に高速通信しています。光回線につないだ場合、そのスピードをフルに活用していけます。

結局どの機種を選ぶ?これまでのまとめ

これまで間取り別におすすめの機種を見てきましたが、よさそうな機種は見つかりましたか?

 

家庭用WiFiルーターは、ご自身をふくめたご家族が、どのような機種を使いどのような使用法をされるのかが一番の選定基準となります。

 

ご家庭でデータのやり取りを高速に行いたいのであれば、光回線などの高速回線が活かせる速度を実現した機種がよろしいでしょう。

 

ですが、自宅の回線がそれほど高速でなければ、高価な機種を購入してもスペックを活用できず宝の持ちぐされになってしまいます。

 

ご利用されているインターネット回線と各デバイスをどのように使用したいかを明確にしていけば、おのずと最適なWiFiルーターが見つかるでしょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

プロバイダー選びに迷っていますか?

もしあなたがWiMAXキャンペーンの決め手に欠いているのであれば、こちらのWiMAX比較グラフと比較一覧を参考にしてみてください。今一番旬なプロバイダーを一発で見つけることができますよ!

WiMAX 比較

こちらの記事もおすすめ!

WiMAXプロバイダー比較!失敗しない選び方のまとめ
WiMAXプロバイダーを比較しました。WiMAXのプロバイダー選びに失敗しないためにはキャンペーンはもちろんのこと支払い方法やサービス、オプションをしっかり比較することが大切です。
WiMAXプロバイダーのキャッシュバック条件を比較
WiMAXプロバイダーのキャッシュバック条件を比較しました。同じキャッシュバックを特典でも受け取りに必要な条件や期間ははプロバイダー毎に異なります。あらかじめ条件や期間を把握して確実に受け取れるようにしましょう。
NTTドコモ(docomo)とWiMAXの違いを比較
NTTドコモとWiMAXのモバイルデータ通信の違いを比較しなるべくわかりやすくまとめました。ルーターをNTTドコモにしようか、WiMAXにしようか悩んでいる方は必見です。
ワイモバイル(Y!mobile)とWiMAXの違いを比較
ワイモバイル(Y!mobile)とWiMAXの違いをわかりやすく比較しました。ワイモバイルとWiMAXのどちらにしようか悩んでいる方は必見です。
BIGLOBE WiMAXとUQWiMAXのキャンペーンを比較
BIGLOBE WiMAXとUQWiMAXのキャンペーンを比較しています。本家のUQWiMAXのキャンペーンと比べてMVNOであるBIGOBEのキャンペーンがどう違うのか相対的に比較することができます。
格安SIMとWiMAXを比較!おすすめの組み合わせ方法
話題の格安SIMとWiMAXどっちがおすすめですか?と聞かれることがあります。確かに格安スマホとSIMカードを使ったテザリングでもインターネットは出来ますがWiMAXとは用途が異なると考えます。