ワイモバイル(Y!mobile)とWiMAXの違いを比較

ワイモバイル(Y!mobile)とWiMAXでどちらを選ぶかお悩みですか?

モバイルルーターが欲しいなと思った時、直感的に思い浮かぶのは家電量販店のコーナーではないでしょうか。ずらっと並んだモバイルルーターやプロバイダーのパンフレットに圧倒されると思います。販売員からは「同時購入でPCが○万円引きですよ!」とか「ルーターのお代はいただきません!」といった案内をされると思います。

 

しかし「ワイモバイルとWiMAXどちらがコスパが良いですか?」「3日で数Gバイトの制限下ではどちらが速いですか?」というような突っ込んだ質問をすると販売員の方は困った顔をするかもしれません。

 

なぜならプロバイダーの販売員は他社製品についてはあまり詳しくない、また同じフロアで営業しているときは他社を悪く言うことができないという側面があるためです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、ここではWiMAXとライバル関係にあるワイモバイルの違いについてわかりやすく比較しましたのでご紹介させていただきます。

ワイモバイル(Y!mobile)とは?

ご存知の方も多いと思いますが旧イーモバイル(EMOBILE)のことです。モバイルルーターが出始めた当初、イーモバイルの勢いは凄く、私の周りでもシェル型のルーターを持っている友人も多かったものです。

 

現在は買収されて名前を変えワイモバイル(Y!mobile)となりました。ソフトバンクのの子会社という認識でも構わないでしょう。実際、ソフトバンクとワイモバイルは互いのネットワークを一部相乗りしています。

 

ワイモバイル,WiMAX,比較

photo by Y!mobile HP キャプチャー

 

ワイモバイルのメリット

ワイモバイルのデータ通信サービスはPocket WiFi(ポケットワイファイ)の製品名で展開されています。900MHzから2.5GHz帯域を使った高速データ通信サービスで東名阪の一部のエリアでは下り最大187.5Mbpsを実現しています。

 

またPocket WiFi2プランの場合は契約から2年間の月額料金が4,380円となっており、この価格はWiMAXの標準的な月額料金と同じです。これらのことからワイモバイルはWiMAXをかなり意識しているといえるでしょう。

 

ワイモバイルのメリットを簡単にまとめると次のとおりです。

  • 下り最大187.5Mbps(一部のみ)
  • Pocket WiFiプラン2は月額 4,380円
  • 周波数帯は900MHzから2.5GHzまで
  • アドバンスドモードであれば月間データ量無制限

 

ワイモバイルのデメリット

3日間の通算データ使用量が1GBまたは3GBで速度制限がかかる点に注意

WiMAX2+のギガ放題を意識したPocket WiFi+プランですが、突如3日間の合計通信量が1GBに到達したらデータ通信の速度に制限がかけられることになり話題になりました。※1

 

3日間の通算データ使用量が1GBまでというはスマートフォンで通信をする場合と同じですので相当厳しいと思います。ワイモバイルでPocket WiFiの位置づけは固定回線ではなくモバイル回線ということなのでしょう。

 

※1)この対応があまりにも不人気だったのかPocket WiFIプラン+は2015年7月で受付終了となりました。現在は後継のPocke WiFi2とPocke WiFi Lとなり3日間で3GBまで高速データ通信が可能となっています。

 

月間データ量は特定の条件でのみ無制限

月間データ量が7GBを超えるとアドバンスドモード「AXGP」に対応したエリア以外では下り最大128Kbpsとなります。既存のPocke WiFi+プランのユーザーは3日で1GBのままですし、ワイモバイルはネットワークの負荷が高いのかもしれませんね。

ワイモバイル(Y!mobile)とWiMAXの比較表

比較対象 ワイモバイル(Y!mobile) UQWiMAX
プラン名 Pocket Wifi2 ツープラスギガ放題
通信速度(下り) 187.5Mbps(一部のみ) 220Mbps(全エリア)
月間データ通信量 7GB 無制限
制限 3GB/3日 3GB/3日
月額基本料金(24ヶ月) 3,696円 4,380円(3,696円)
周波数(エリア) 900MHz~2.5GHz

2.5GHz
オプションで(800MHz)

 

周波数(エリア)についての補足

一般的に周波数の低いほうが電波の入りが良いとされています。ただこれは同じ条件で基地局があった場合の話ですので、周波数が低いからといって必ずしも電波が入りやすいかというと一概には言えませんのでご自宅がエリア内にあるかどうかは公式サイトのエリアマップを参考にするのが良いでしょう。

まとめ

ワイモバイルは月額基本料金が3,696円という低価格、そしてキャンペーンにより月間データ通信量が無制限になるとの謳い文句でモバイルルータ(305ZT3)が出た当初は話題になりました。

 

しかし、いざサービスが始まってみると速度回復のための手続きが必要であったり、急に1GB/3日間の制限が課せられるなどしたためユーザーの反応は散々でした。twitterでワイモバイルを検索すると今でもヒットしますよ。

 

この違いを私はPocket WifiとWiMAX2+の位置づけの違いと見ています。WiMAX2+は光回線の代わりに使って欲しいという意図が見受けられますがPocket Wifiには「モバイル回線はPocket Wifi、固定回線はYahooBBを使って欲しい」
という意志があるように感じました。

 

インターネット回線は一本化して節約しましょう

一人暮らしの方や、インターネットの利用が少ない世帯の方はネットワークを一本化してしまったほうが通信費を節約することができます。そのため現在のPocket Wifiの位置づけはちょっと中途半端かな…という印象ですね。またWiMAX2+の3GB/3日の制限も無くなれば良いと思う私には1GB/3日の制限は耐えられそうにありません。

 

やはり、現段階ではWiMAXのほうがワイモバイルよりもコスパが良いといえますね!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

プロバイダー選びに迷っていますか?

もしあなたがWiMAXキャンペーンの決め手に欠いているのであれば、こちらのWiMAX比較グラフと比較一覧を参考にしてみてください。今一番旬なプロバイダーを一発で見つけることができますよ!

WiMAX 比較

こちらの記事もおすすめ!

WiMAXプロバイダー比較!失敗しない選び方のまとめ
WiMAXプロバイダーを比較しました。WiMAXのプロバイダー選びに失敗しないためにはキャンペーンはもちろんのこと支払い方法やサービス、オプションをしっかり比較することが大切です。
WiMAXプロバイダーのキャッシュバック条件を比較
WiMAXプロバイダーのキャッシュバック条件を比較しました。同じキャッシュバックを特典でも受け取りに必要な条件や期間ははプロバイダー毎に異なります。あらかじめ条件や期間を把握して確実に受け取れるようにしましょう。
NTTドコモ(docomo)とWiMAXの違いを比較
NTTドコモとWiMAXのモバイルデータ通信の違いを比較しなるべくわかりやすくまとめました。ルーターをNTTドコモにしようか、WiMAXにしようか悩んでいる方は必見です。
BIGLOBE WiMAXとUQWiMAXのキャンペーンを比較
BIGLOBE WiMAXとUQWiMAXのキャンペーンを比較しています。本家のUQWiMAXのキャンペーンと比べてMVNOであるBIGOBEのキャンペーンがどう違うのか相対的に比較することができます。
格安SIMとWiMAXを比較!おすすめの組み合わせ方法
話題の格安SIMとWiMAXどっちがおすすめですか?と聞かれることがあります。確かに格安スマホとSIMカードを使ったテザリングでもインターネットは出来ますがWiMAXとは用途が異なると考えます。
WiFiルーターの比較!おすすめの家庭用ルーター
自宅で使用するWiFiルーターといっても、多くの種類がありますね。どのような機種を購入すればよいのだろう? とお悩みであれば、次にあげるポイントを比較した上で、ご自身のご希望に合っている機種を選定いただければと思います。