格安スマホ導入時のメリットとデメリット

格安スマホ導入時のメリットとデメリット

格安スマホ,メリット,デメリット

「格安スマホ」この単語を耳にする機会が増えてきましたよね。

 

その名のとおり、安いスマホのことかな……と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
実は、「格安スマホ」は端末が格安というだけでなく、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のSIMカードではない「格安SIM」を入れて使用されているスマホのことを指すのです。

 

格安SIMを利用することで、月々の料金を大幅におさえることができるわけですね。なので、キャリアで購入した端末でも、あとから格安SIMを入れて利用すれば格安スマホになるのです!


格安スマホのほうがよい?メリットとデメリット

スマホ市場は、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が大きなシェアを占めています。
全国各地に店鋪がズラリとならんでいて、いたれりつくせりの対応をしてくれます。

 

ですが、その料金が高いと感じている方が大半なのではないでしょうか?

 

自社で設備を運用している、人件費が高くついているという理由もありますが、これまで同等のサービスを提供することが可能な同業他社が少なく、競争相手が少ないという状態である点も大きいです。
そのため3大キャリアは、付加価値を多くつけて、クオリティが高いが料金も高くつくサービスを強気におし進めてきたのです。

 

しかしここ数年は、そういった状況に変化が生まれてきています。それは、格安SIMの登場です。

 

スマートフォンは、内部に契約者個人を識別するためのICカードを搭載してはじめて使用することができます。これが、SIMカードです。このSIMカードだけを提供したり、SIMフリーの機種とセットで販売を行っている業者がMVNOと呼ばれています。

 

MVNOは、3大キャリアから回線をレンタルして事業を行っています。3大キャリアのように、事業にコストをかけるのではなく、なるべく安い料金体系で利用してもらうというビジネスモデルです。
最近は、こういった格安SIMの人気とシェアが拡大してきているので聞いたことがあるというかも多いかもしれませんね。

 

スマホの料金が高すぎる!という声に応えるかのように、多くの格安SIMが人気を獲得するようになりました。では、3大キャリアを利用している方が格安SIMに乗りかえると、どのようなメリットとデメリットが存在するのでしょうか?

 

格安SIM導入時のメリット

キャリアの料金プランは、月に7000円や8000円はザラで、それ以上の料金になってしまうこともめずらしくありません。なぜならデータ容量の料金とは別に、基本使用料がかかるからです。

 

基本使用料の内容は、電話の定額サービスの料金となっています。そこで2000円、3000円かかってしまうわけです。データ容量も決して安くないですし、1Gあたりの料金がお得になるのは、最近登場した20G、30G のプランぐらいなものです。そして20G、30Gのプランも、トータルの料金としては高くなります。

 

これが格安SIMの料金の場合は、音声通話付きのプランでも月額2000円、3000円台に料金をおさえることが可能となります。月額料金がデータ容量によって段階的に高くなっていき、そこには基本使用料も含まれているというシンプルな料金プランです。5分以内の通話が無料になるサービスも充実しています。

格安SIM導入時のデメリット

格安SIMを提供しているMVNOは、3大キャリアの回線をレンタルしています。どれだけ回線を自社の事業に割り当てるかというのが、MVNOの契約者の人数によって変わってきます。

 

そのため、時期や時間帯によっては混雑してしまうこともあるわけです。多くの人が利用するであろう、平日のお昼休みに通信速度が低下してしまう格安SIMもあります。そうした問題に対処するため、MVNOの方で回線の増強を行うわけです。

 

回線が時期によって速くなったり、また遅くなってしまったりを繰り返している格安SIMも珍しくありません。
一方で3大キャリアは、基本使用料に国内の通話ならかけ放題になるプランを選択することができます。品質も高いので、仕事で電話をガンガンかける!という方にとっては料金が高くても最適な選択肢になるわけです。

 

格安SIMの場合には、そこまでの通話の無料プランが存在しません。5分以内の通話であればかけ放題にできるサービスを提供しているMVNOは多いのですが、それ以上となるとワイモバイルの10分以内ならかけ放題のサービスぐらいしかない状況です。

 

格安SIMでは、それまで利用していたキャリアメールが使えなくなります。そのため、ヤフーメールやGMail、Outlookメールなどのサービスを利用するしかありませんが、それらはPCメールとしてあつかわれます。

 

キャリアメールサービスは携帯以外の送信メールを受けつけないため、キャリアメールが必要な場合に不便になってしまいます。口座振替やキャリア決済サービス、無線LANサービスも、3大キャリアならではのものです。

 

格安SIMは、キャリアのように直営の店鋪がどこでもあるわけではありません。なので、使い方や使用方法について直接社員に聞くには電話しかなくなります。つながりにくいのを覚悟しなければならない場合もあるでしょう。

改善可能?デメリットへの対処方法

格安SIMのデメリットですが、こうした問題に対処する方法はないのでしょうか?通信速度が気になる方は、格安SIMのなかでも通信速度が速めのMVNOと契約するという手段があります。

 

たとえば「UQmobile」は回線がauの4G LTEプラチナバンドに対応していて、格安SIMのなかでもダントツの速度です。品質も高いので、キャリアにそれほどひけはとらないでしょう。

 

ワイモバイルや、最近ではLINEモバイルも速度面では優秀です。こういった速度面で評価が高い格安SIMに乗りかえることにより、キャリアとの通信速度の差を気にすることがなくなります。

 

通話料金に関しては、IP電話サービスを併用するという手段があります。IP電話は、音声をデジタルデータに変換して、インターネット上で通話のやり取りを行うサービスのことです。

 

電話番号としては050からはじまる番号になります。LINEやSkypeが代表的ですが、MVNOが提供している050Plusなども有名です。

 

これらは、同じサービスどうしならば通話料金が無料になったり、通常の音声通話に比べて料金を安くすませられます。音声の質については音声通話と比べると劣ってしまうのですが、家族間や友人間であればそれほど気にならないでしょう。

 

IP電話を利用することで、通話料金をおさえられるわけです。また「楽天モバイル」の楽天でんわや「IIJmio」のみおふぉんダイヤルであれば、音声通話で電話料金を半額にできるので、こちらもおすすめできます!キャリアならではのサービスについてですが、そのサービス内容を実現している格安SIMも出現してきました。

 

キャリアメールの問題は、携帯メールアドレスを取得できる格安SIMを選択するという手段があります。
「UQmobile」では「@uqmobile.jp」という携帯メールアドレスを取得できます。こうしたメールは携帯メールとしてあつかわれるため、キャリアメールへ不都合なく送信が可能なわけです。

 

多くの格安SIMではクレジットカードでしか支払いに対応していませんが、「楽天モバイル」では口座振替に対応しています。どうしても口座振替のほうが都合がいいという場合には「楽天モバイル」をご検討するとよろしいでしょう。

 

公衆無線LANサービスは、最近は格安SIMを提供しているMVNOが参入を開始しています。「OCNモバイルONE」や「楽天モバイル」、「BIGLOBE SIM」「U-mobile」で提供されています。

 

格安SIMの直営店として、都市圏を中心に「MVNOショップ」が数を増やしているようです。「楽天モバイル」では全国に「楽天モバイルショップ」を設置しています。こうした店では即日でのMNP開通(電話番号を引きつぐ)に対応することが可能です。

 

家電量販店での開通カウンターも忘れてはいけません。詳しく質問が可能なので、安心して申込みができるでしょう!

まとめ

格安SIMは「安かろう悪かろう」ではなく、「安くて満足がいく」サービスへと日々進化を続けています。3大キャリアの料金体系に対しては、ユーザーの不満の声や行政側の改善要請もあります。

 

付加価値をこれでもかと付けて料金を高くするビジネスモデルは時代遅れになってくるでしょう。格安SIMは、ユーザーに月額料金をおさえつつ、満足度が高いサービスを提供しようと各MVNOが競い合っています。

 

そのため、業界全体でみるとお得な格安SIMが豊富に選択できるという、ユーザーにとって望ましい状況になっています。上にあげたデメリットに関しても、改善の動きが見られています。

 

今後格安SIMは、キャリアと遜色ないレベルにまで発展する可能性を秘めています。これからは、格安SIMの時代といってもいいです。

 

その格安SIMに合わせやすい、SIMフリーの機種の格安スマホも増えてきています。性能も、キャリアで販売されているモデルに近づいてきています。

 

格安スマホを格安SIMとセットで購入すれば、大幅に安く入手することも可能になります。端末の購入と月額料金が安い「格安スマホ」の時代が到来しつつあるのです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

プロバイダー選びに迷っていますか?

もしあなたがWiMAXキャンペーンの決め手に欠いているのであれば、こちらのWiMAX比較グラフと比較一覧を参考にしてみてください。今一番旬なプロバイダーを一発で見つけることができますよ!

WiMAX 比較

こちらの記事もおすすめ!

モバイルルーターのおすすめな選び方
モバイルルーターのおすすめ情報をお探しですか?モバイルルーター選びはまず対応するネットワークを選ぶことから始まります。このページではモバイルルーターを提供する通信会社を徹底比較しています。
URoad-Home2+で工事と配線が不要のインターネット環境を構築しよう!
インターネットの工事費用は高いと思いませんか?しかも工事が完了するまで数週間も待たされたり立ち会いが必要だったりします。URoad-Home2+であればそんな悩みは無用。工事と配線が不要のインターネット環境が手に入ります。
失敗しないルーター選び「WX01」「W01」の違いとは?
WiMAX2+対応のWX01とW01。Speed Wi-Fi NEXTの名の通りどちらも下り220Mbpsに対応していますが中身は全く別のもの。そのため対応する通信モードや下り最大220Mbpsのエリアに違いがでることをご存知でしょうか?
HWD15やNAD11はノーリミットモードで制限時の速度回復
WiMAX2+の3GB/3日の制限がついに始まりました。モバイルルーターHWD15やNAD11は通信モードをノーリミットモードに切り替えすることで制限時でも通信速度が回復します。まだHWD15やNAD11を取り扱っているキャンペーンをご紹介します。
WiMAX2+には1年契約は存在しない。基本は2年契約
WiMAX2+には1年契約のプランは今のところ存在しません。基本は2年契約となります。2年間を快適に過ごすためにもプロバイダーはしっかりと吟味しましょう。
WiMAXはグローバルIPアドレスの取得がおすすめ!
WiMAXおよびWiMAX2+でグローバルIPアドレスを取得する方法とそのメリットをご紹介します。オンラインゲームやリモートアクセスなど行いたい方は必見です。
WiMAX2+の制限 - 3日で3GBと7GB制限について
WiMAX2+ではデータ通信の速度が向上した一方で、これまでWiMAXには無かった制限が課せられています。しかしギガ放題プランで通常利用の範囲であれば制限を意識する必要はありません。
Try WiMAX知ってる?レンタルで確認すべきポイントのまとめ
WiMAXに興味があるけれど、通信エリアや速度が心配という方はTry WiMAXを試してみましょう。Try WiMAXはモバイルWi-Fiルーターをレンタル出来るサービスです。レンタルで確認すべきポイントをまとめました。
WiMAXでSkype(スカイプ)通話はできる?
Skype(スカイプ)に代表されるLINE,Viberなどの通話アプリはWiMAXで通話出来るのか?と疑問が寄せられることがありましたので実際に利用したレビューをまとめています。
WiMAXは海外で使える?海外で使える高速インターネットについて
WiMAXは海外でも使えるのか?という質問をよく頂くことがあります。結論から言ってしまえば使えるのですが利用できる範囲は狭いです。WiMAXの代替になる海外で使える高速インターネットについて紹介します。
ハイスピードプラスエリアモードとは?
WiMAXには3つの通信モードがあります。WiMAXがメインのノーリミットモード、WiMAX2+がメインのハイスピードモード/au 4G・LTEが使えるハイスピードプラスエリアモードです。LTEが使い方方はハイスピードプラスエリアモード対応機種を選びましょう。