WiMAXは海外で使える?海外で使える高速インターネットについて

海外でもモバイルWi-Fiを使いたい

海外出張の方のためにPCやスマートフォンの選定をしていると「海外でもモバイルWi-Fiを使いたいんだよね」という声をよく聞きます。国内でも旅先で地図アプリや検索を使うのですから、海外にいけば尚更使いたくなるのはごく自然なことだと思います。このページではWiMAXの海外の対応状況と海外で使える高速インターネットについてまとめています。

 

WiMAX,海外

WiMAXの海外の対応状況

海外ではUQWiMAXのネットワークは使えませんので、提携している現地の通信会社のネットワークを利用することで高速インターネットを使うことが可能になります。

 

ただ、それでも利用可能な国はアメリカ合衆国と韓国の2国のみであることWiMAX搭載のパソコンでのみ利用が可能であることから、利用するまでのハードルは少々高い印象です。詳しい都市名は後述するUQWiMAXの公式サイトに記載されているので割愛しますが、例をあげると次のようになっています。

 

アメリカ合衆国

ニューヨークやL.A、ワシントンD.C.ホノルルなど主要都市を含む29州

韓国

ソウル、プサン、インチョンなどで7都市

※2社とも登録は無料ですが利用は有料です。

 

WiMAX搭載パソコンの方必要

利用可能な国がアメリカと韓国の2国に限られてしまうのもかなりの制限ですが、それよりもWiMAX搭載のパソコンが必要であることのほうがボトルネックだと思います。

 

仕事でも「PCとモバイルルータは切り離すべき」との考えから私はWiMAX搭載のパソコンの利用はおすすめしていません。それにモバイルルータの方が使い勝手が良さそうだと思われる方も多いのではないでしょうか。海外ではWiMAXを無理に利用せずモバイルルータを使いたい場合は専用のサービスを利用したほうが良さそうです。

 

参考URL

海外WiFiルーターのサービスのおすすめは?

海外でのデータ通信料金(パケ代)は高いです。国際電話をイメージして貰っても良いかもしれませんね。そのため定額のサービスをおすすめしています。定額制とはいっても携帯電話のようなキツイ縛りはなく1日あたり数百円の格安サービスがあります。

 

GLOBAL WiFi

GLOBAL WiFiの特徴

  • 手持ちのスマホが海外で使える
  • 1日380円から定額制
  • モバイルルータが使える

価格 380円
評価 評価5
備考 手持ちの端末が海外で使える
GLOBAL WiFiの総評

海外渡航用に端末を別途用意しなくても手持ちのスマートフォンやタブレットを海外で利用することが可能です。また携帯電話会社の国際ローミング(2,980円)に比べてずっとお得にに高速インターネットが使えます。旅先でGoogleMapやSNS,メールを利用するのに大変便利です。

まとめ - PCなど情報端末を海外で利用する場合の注意点

このページではWiMAXが海外で使えるのか、海外で使える高速インターネットのサービスについて記述してきました。海外ではとにかく盗難に遭いやすいので気をつけて下さい。ダンボールなど簡単に開閉できる箱で高価なものを輸送しないようにしましょう。(開けられた経験があります・・・)

 

特にパソコンは盗難に遭いやすいので必要なデータはDrop boxなどのクラウドサービスで利用できるようにし、重要なデータ端末に残さないほうが良いです。 大きい企業の方であればシンクライアント (Thin client)の利用を検討しても良いかもしれませんね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

プロバイダー選びに迷っていますか?

もしあなたがWiMAXキャンペーンの決め手に欠いているのであれば、こちらのWiMAX比較グラフと比較一覧を参考にしてみてください。今一番旬なプロバイダーを一発で見つけることができますよ!

WiMAX 比較

こちらの記事もおすすめ!

モバイルルーターのおすすめな選び方
モバイルルーターのおすすめ情報をお探しですか?モバイルルーター選びはまず対応するネットワークを選ぶことから始まります。このページではモバイルルーターを提供する通信会社を徹底比較しています。
URoad-Home2+で工事と配線が不要のインターネット環境を構築しよう!
インターネットの工事費用は高いと思いませんか?しかも工事が完了するまで数週間も待たされたり立ち会いが必要だったりします。URoad-Home2+であればそんな悩みは無用。工事と配線が不要のインターネット環境が手に入ります。
失敗しないルーター選び「WX01」「W01」の違いとは?
WiMAX2+対応のWX01とW01。Speed Wi-Fi NEXTの名の通りどちらも下り220Mbpsに対応していますが中身は全く別のもの。そのため対応する通信モードや下り最大220Mbpsのエリアに違いがでることをご存知でしょうか?
HWD15やNAD11はノーリミットモードで制限時の速度回復
WiMAX2+の3GB/3日の制限がついに始まりました。モバイルルーターHWD15やNAD11は通信モードをノーリミットモードに切り替えすることで制限時でも通信速度が回復します。まだHWD15やNAD11を取り扱っているキャンペーンをご紹介します。
WiMAX2+には1年契約は存在しない。基本は2年契約
WiMAX2+には1年契約のプランは今のところ存在しません。基本は2年契約となります。2年間を快適に過ごすためにもプロバイダーはしっかりと吟味しましょう。
WiMAXはグローバルIPアドレスの取得がおすすめ!
WiMAXおよびWiMAX2+でグローバルIPアドレスを取得する方法とそのメリットをご紹介します。オンラインゲームやリモートアクセスなど行いたい方は必見です。
WiMAX2+の制限 - 3日で3GBと7GB制限について
WiMAX2+ではデータ通信の速度が向上した一方で、これまでWiMAXには無かった制限が課せられています。しかしギガ放題プランで通常利用の範囲であれば制限を意識する必要はありません。
Try WiMAX知ってる?レンタルで確認すべきポイントのまとめ
WiMAXに興味があるけれど、通信エリアや速度が心配という方はTry WiMAXを試してみましょう。Try WiMAXはモバイルWi-Fiルーターをレンタル出来るサービスです。レンタルで確認すべきポイントをまとめました。
WiMAXでSkype(スカイプ)通話はできる?
Skype(スカイプ)に代表されるLINE,Viberなどの通話アプリはWiMAXで通話出来るのか?と疑問が寄せられることがありましたので実際に利用したレビューをまとめています。
格安スマホ導入時のメリットとデメリット
格安スマホの購入をお考えのあなたに導入時のメリットとデメリットをご紹介します。
ハイスピードプラスエリアモードとは?
WiMAXには3つの通信モードがあります。WiMAXがメインのノーリミットモード、WiMAX2+がメインのハイスピードモード/au 4G・LTEが使えるハイスピードプラスエリアモードです。LTEが使い方方はハイスピードプラスエリアモード対応機種を選びましょう。