失敗しないルーター選び「WX01」「W01」の違いとは?

WiMAX2+対応のSpeed Wi-Fi NEXTシリーズを比べてみよう

下り最大220Mbpsを実現するWiMAX2+対応モバイルルーター「WX01」「W01」。どちらも"Speed Wi-Fi NEXT"の冠名がついていますが、中身はまったく別物であることをご存知でしょうか?

 

この違いにより対応する通信モードや下り最大220Mbpsのエリアに違いがでます。ここでは「WX01」「W01」それぞれに採用されている技術をできるだけわかりやすくご紹介するとともに、あなたにぴったりのルーターを見つけることができるようサポートします。

WX01とW01の通信方式の違いを比較

さっそく、WX01とW01の通信方式の違いを比較してみましょう。WX01は4×4MIMOに対応しており、W01はキャリアアグリゲーションに対応しています。

  • Speed Wi-Fi NEXT WX01・・4×4MIMOに対応
  • Speed Wi-Fi NEXT W01・・・キャリアアグリゲーションに対応

 

WX01,W01,違い,比較

写真:左がWX01 右がW01

 

通信方式の基本知識

つぎにこれからモバイルルーターを選定する上で重要な知識のおさらいをしましょう。難しい言葉は置いておいて具体的にどう違うのか?だけ押さえておけばOKです。

 

4×4MIMO

4×4MIMOとは送信側が4本、受信側が4本のアンテナで無線通信を行う方式のことをいいます。つまり、基地局側およびモバイルルーターがそれぞれ4本づつのアンテナを使用するのですね。基地局側がすでに4本のアンテナを設置してある場合、ソフトウェア・アップデートで対応できるのでWiMAX2+のエリアであれば下り220Mbpsで利用可能です。

 

キャリアアグリゲーション(以下、CA)

これまでWiMAXのネットワーク(WiMAX2+ではないネットワーク)に割り当てていた帯域をWiMAX2+に割り当てることで高速化をはかろうという通信方式です。スマートフォンでおなじみのLTEでも同様の試みがされていることからご存知の方も多いかもしれません。WiMAX2+のエリアであってもCA化されなければ下り220Mbpsの速度はでません。

 

なおUQWiMAXによればCA化は2016年内に完了予定ということになっています。エリアについての詳細は下り最大220Mbps対応機器と対応エリアについてをご覧ください。(リンク先はUQWiMAX公式サイトです。)

WX01とW01のスペックを比較

今度はWX01とW01の詳細スペックを比較してみましょう。

比較対象 WX01 W01
メーカー NEC フーウェイ
通信方式 4×4MIMO キャリアアグリゲーション
下り最大 220Mbps 220Mbps
通信モード ハイスピード ハイスピード/ハイスピードプラスエリア
対応ネットワーク WiMAX2+ / WiMAX WiMAX2+ / au 4G・LTE
重さ 約97g 約113g
連続通信時間(WiMAX2+) 8.6時間 8時間
連続通信時間(WiMAX) 11.3時間 -
連続通信時間(LTE) 7.2時間

 

WX01とW01の注意点

通信モードと対応ネットワークの違いに気をつけましょう。このような違いはモバイルルーター単体でスペックを見ていると見落としがちです。具体的な違いを知ることで、あなたに合ったモバイルルーターを見極めましょう。

 

WX01でできないこと

au 4G・LTEのエリアを利用することができません。その代わりに人口カバー率90%を超えるWiMAXのネットワークが利用できます。

 

W01でできないこと

WiMAXのネットワークを利用することができません。その代わりにハイスピードプラスエリアモードに切り替えるとau 4G・LTEのエリアを利用することができます。ただし、このハイスピードプラスエリアモードは月額1,050円のオプションです。

あなたにおすすめのモバイルルーターはこれだ!

下り220Mbpsが欲しい!

WX01をおすすめします。CA対応のW01で下り220Mbpsを利用するには基地局側の対応を待つ必要がありますが、WX01は待つ必要はありません。また他社のLTE回線をすでにお持ちの方はau 4G・LTEは不要だと思いますのでWX01が最適だと思います。

 

エリアが心配だ!

W01をおすすめします。いざとなったらau 4G・LTEのネットワークを使えるのが心強いですね。モバイル回線をWiMAXに一本化して使いたいという方におすすめです。基地局側のCA化が進めば最終的にWX01と同じエリアで下り220Mbpsを使えます。

 

ノーリミットモードを利用したい!

Speed Wi-Fi NEXT シリーズの2機種はハイスピードモードでの接続を前提としており、ノーリミットモードに対応していないのが特長です。ノーリミットモードをお求めの方は、HWD15かNAD11が良いでしょう。次の記事でHWD15、NAD11が入手可能なプロバイダーをご紹介しています。

終わりに

以上、 失敗しないルーター選び「WX01」「W01」の違いとは?ということで通信方式の違いから詳細ペックの比較、おすすめのタイプについてご紹介させて頂きました。

 

繰り返しになりますが私の考えとしては、他のLTE回線を持つのであればWX01、ネットワークを一本化するのであればW01を選ぶのがベストだと思います。下り110MbpsでもよければHWD15という選択肢もありですね!ぜひ、モバイルルーター選びの参考にしてください。

 

余談ですがUQWiMAXは将来的に4×4MIMOとCAでネットワークの高速化を進めていくようです。Impress Watchでは副社長がオリンピックまでに1GBを目指すとコメントを出していました。下り1GBになったら固定回線の必要性はますます薄れていくのでしょう。ぜひ実現して貰いたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

プロバイダー選びに迷っていますか?

もしあなたがWiMAXキャンペーンの決め手に欠いているのであれば、こちらのWiMAX比較グラフと比較一覧を参考にしてみてください。今一番旬なプロバイダーを一発で見つけることができますよ!

WiMAX 比較

こちらの記事もおすすめ!

モバイルルーターのおすすめな選び方
モバイルルーターのおすすめ情報をお探しですか?モバイルルーター選びはまず対応するネットワークを選ぶことから始まります。このページではモバイルルーターを提供する通信会社を徹底比較しています。
URoad-Home2+で工事と配線が不要のインターネット環境を構築しよう!
インターネットの工事費用は高いと思いませんか?しかも工事が完了するまで数週間も待たされたり立ち会いが必要だったりします。URoad-Home2+であればそんな悩みは無用。工事と配線が不要のインターネット環境が手に入ります。
HWD15やNAD11はノーリミットモードで制限時の速度回復
WiMAX2+の3GB/3日の制限がついに始まりました。モバイルルーターHWD15やNAD11は通信モードをノーリミットモードに切り替えすることで制限時でも通信速度が回復します。まだHWD15やNAD11を取り扱っているキャンペーンをご紹介します。
WiMAX2+には1年契約は存在しない。基本は2年契約
WiMAX2+には1年契約のプランは今のところ存在しません。基本は2年契約となります。2年間を快適に過ごすためにもプロバイダーはしっかりと吟味しましょう。
WiMAXはグローバルIPアドレスの取得がおすすめ!
WiMAXおよびWiMAX2+でグローバルIPアドレスを取得する方法とそのメリットをご紹介します。オンラインゲームやリモートアクセスなど行いたい方は必見です。
WiMAX2+の制限 - 3日で3GBと7GB制限について
WiMAX2+ではデータ通信の速度が向上した一方で、これまでWiMAXには無かった制限が課せられています。しかしギガ放題プランで通常利用の範囲であれば制限を意識する必要はありません。
Try WiMAX知ってる?レンタルで確認すべきポイントのまとめ
WiMAXに興味があるけれど、通信エリアや速度が心配という方はTry WiMAXを試してみましょう。Try WiMAXはモバイルWi-Fiルーターをレンタル出来るサービスです。レンタルで確認すべきポイントをまとめました。
WiMAXでSkype(スカイプ)通話はできる?
Skype(スカイプ)に代表されるLINE,Viberなどの通話アプリはWiMAXで通話出来るのか?と疑問が寄せられることがありましたので実際に利用したレビューをまとめています。
WiMAXは海外で使える?海外で使える高速インターネットについて
WiMAXは海外でも使えるのか?という質問をよく頂くことがあります。結論から言ってしまえば使えるのですが利用できる範囲は狭いです。WiMAXの代替になる海外で使える高速インターネットについて紹介します。
格安スマホ導入時のメリットとデメリット
格安スマホの購入をお考えのあなたに導入時のメリットとデメリットをご紹介します。
ハイスピードプラスエリアモードとは?
WiMAXには3つの通信モードがあります。WiMAXがメインのノーリミットモード、WiMAX2+がメインのハイスピードモード/au 4G・LTEが使えるハイスピードプラスエリアモードです。LTEが使い方方はハイスピードプラスエリアモード対応機種を選びましょう。