モバイルルーターのおすすめな選び方

モバイルルーター選びはネットワーク選びから!

モバイルルーターのおすすめ情報をお探しですか?満足のいくモバイルルーター選びはまずネットワークを選ぶことから始まります。このページではモバイルルーターを提供するサービスを徹底比較し、タイプ別におすすめのサービスがわかることを目的としています。

 

何故ネットワークから選ぶのか?

私はこれまで次のようなユーザーの『声』を聞いたことがあります。

  • 高速データ通信を望んでいたのに思っていたほど速度がでなかった。
  • データ通信量無制限のサービスがあるなら欲しかった。
  • もっとコスパの良いサービスがあった。

 

ちょっと残念なお話ですね。実はモバイルルーターは利用できるネットワークが決まっています。自宅用の無線LANルーターとはちょっと違います。そして性能はネットワークに依存します。先述の『声』はモバイルルーターではなくネットワークに対する不満なのです。

 

逆に考えると、先にあなた自身に合ったネットワークを見つけてしまえば良いというわけです。ネットワークが決まりさえすれば、モバイルルーターの選択肢も決まります。それからでも遅くはありませんよね?

 

モバイルルーター,おすすめ

モバイルルーターのネットワークを選ぼう

それではさっそく、モバイルルーターのネットワークを選びを始めましょう。まずは独自のインフラを持つ通信会社とネットワークの特徴を表にまとめましたのでご覧ください。

 

通信会社とネットワークの比較表

 

UQWiMAX

ワイモバイル

ドコモ

ソフトバンク

ネットワーク

WiMAX2+

ワイモバイルLTE

Xi

SoftBank 4G LTE

最大受信速度

220Mbps

165Mbps

225Mbps

187.5Mbps

対象プラン

ツープラスギガ放題

Pocket WiFi+ プラン

Xiデータプラン フラット 

4Gデータし放題フラット

月額料金の目安

4,380円

3,696円

7,600円

3,696円

速度制限

3GB/3日

1G/3日

なし

1GB/3GB

月間データ量

無制限

10GB

7GB

7GB

※2015年6月時点での調査結果です。
※月額料金の目安は同レベルのサービスでの比較です。

大手通信キャリアではauもデータ通信のサービスを展開していますが、UQWiMAXと同じKDDI系列であり、内容もほぼ同じであるため割愛しています。

 

速度制限の基準の違いに注意

速度制限の基準の違いは非常に重要なポイントです。もっとも優れているのはドコモです。3日の通算のデータ通信量が3GBを超えても速度制限がかかりません。もちろん月間データ量で7GBの壁があるので節約はしなければなりません。

 

ワイモバイルとソフトバンクは厳しい

ワイモバイルとソフトバンクは3日の通算のデータ通信量が1GBです。これはちょっと厳しすぎますね。データ通信専用端末にも関わらずスマートフォンと同じ扱いのようです。モバイルルーターとしては心もとないので改善を希望します

 

WiMAX2+は妥協できるレベル

もともとWiMAXの頃には無かった速度制限なので若干不満は残りますが、3GBであれば許容できるレベルかと思います。3GBでどれくらいのことができるのか?ということにつきましては別の記事で書いていますので参考にしてみてください。

WiMAXの速度制限はYoutubeの一般的画質の動画をストレス無く視聴できる程度と公式にアナウンスされています。他社のように128kbpsまで落ちることはないでしょう。

 

月額料金についての考察

ドコモの月額料金は高いですね。モバイルデータ通信は1GBあたり1,000円が相場ですので妥当な数字ともいえます。ワイモバイルとソフトバンクがデフォルトでは最も安いです。

 

キャンペーンの内容次第では逆転することも

WiMAXよりもワイモバイルとソフトバンクの月額料金は安い設定になっています。ただし、これはWiMAXのキャンペーンのキャッシュバックと、ワイモバイルで発生する端末代金の割賦払いを考慮していません。

 

WiMAXではキャンペーンによっては25,000円ほどキャッシュバックされます。この金額を考慮した場合、毎月の実質負担額は1,000円以上安くなると覚えておいて下さい。

WiMAXのモバイルルーターがおすすめ

先述の内容から、当サイトではUQWiMAXのネットワークに対応したモバイルルーターをおすすめしています。ネットワークさえ決まってしまえば次はプロバイダー選び。UQWiMAXのネットワークを利用できるプロバイダーは20社ほどありますので納得のいくまで吟味しましょう。なお、プロバイダー選びについては次の記事がおすすめです。

 

プロバイダーが決まってしまえば後はモバイルルーター自身について検討することになると思います。次の記事がお役に立てるかと思います。

終わりに

以上、モバイルルーターのおすすめは?まずはネットワーク選びから!ということでまとめてみました。いかがだったでしょうか?

 

かつてモバイルルーターといえば、WiMAXとイー・モバイルの2強でした。イー・モバイルがY!mobileに変わった今でもその構図は崩れていません。3日間の通算データ量による速度制限の影響でWiMAXがよりシェアを伸ばしそうだなと感じています。今後は制限をどれだけ緩和できるか?が両者の課題になっていくでしょう。

 

光回線の代わりに使って欲しいと公式がアピールしているWiMAXは期待大ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

プロバイダー選びに迷っていますか?

もしあなたがWiMAXキャンペーンの決め手に欠いているのであれば、こちらのWiMAX比較グラフと比較一覧を参考にしてみてください。今一番旬なプロバイダーを一発で見つけることができますよ!

WiMAX 比較

こちらの記事もおすすめ!

URoad-Home2+で工事と配線が不要のインターネット環境を構築しよう!
インターネットの工事費用は高いと思いませんか?しかも工事が完了するまで数週間も待たされたり立ち会いが必要だったりします。URoad-Home2+であればそんな悩みは無用。工事と配線が不要のインターネット環境が手に入ります。
失敗しないルーター選び「WX01」「W01」の違いとは?
WiMAX2+対応のWX01とW01。Speed Wi-Fi NEXTの名の通りどちらも下り220Mbpsに対応していますが中身は全く別のもの。そのため対応する通信モードや下り最大220Mbpsのエリアに違いがでることをご存知でしょうか?
HWD15やNAD11はノーリミットモードで制限時の速度回復
WiMAX2+の3GB/3日の制限がついに始まりました。モバイルルーターHWD15やNAD11は通信モードをノーリミットモードに切り替えすることで制限時でも通信速度が回復します。まだHWD15やNAD11を取り扱っているキャンペーンをご紹介します。
WiMAX2+には1年契約は存在しない。基本は2年契約
WiMAX2+には1年契約のプランは今のところ存在しません。基本は2年契約となります。2年間を快適に過ごすためにもプロバイダーはしっかりと吟味しましょう。
WiMAXはグローバルIPアドレスの取得がおすすめ!
WiMAXおよびWiMAX2+でグローバルIPアドレスを取得する方法とそのメリットをご紹介します。オンラインゲームやリモートアクセスなど行いたい方は必見です。
WiMAX2+の制限 - 3日で3GBと7GB制限について
WiMAX2+ではデータ通信の速度が向上した一方で、これまでWiMAXには無かった制限が課せられています。しかしギガ放題プランで通常利用の範囲であれば制限を意識する必要はありません。
Try WiMAX知ってる?レンタルで確認すべきポイントのまとめ
WiMAXに興味があるけれど、通信エリアや速度が心配という方はTry WiMAXを試してみましょう。Try WiMAXはモバイルWi-Fiルーターをレンタル出来るサービスです。レンタルで確認すべきポイントをまとめました。
WiMAXでSkype(スカイプ)通話はできる?
Skype(スカイプ)に代表されるLINE,Viberなどの通話アプリはWiMAXで通話出来るのか?と疑問が寄せられることがありましたので実際に利用したレビューをまとめています。
WiMAXは海外で使える?海外で使える高速インターネットについて
WiMAXは海外でも使えるのか?という質問をよく頂くことがあります。結論から言ってしまえば使えるのですが利用できる範囲は狭いです。WiMAXの代替になる海外で使える高速インターネットについて紹介します。
格安スマホ導入時のメリットとデメリット
格安スマホの購入をお考えのあなたに導入時のメリットとデメリットをご紹介します。
ハイスピードプラスエリアモードとは?
WiMAXには3つの通信モードがあります。WiMAXがメインのノーリミットモード、WiMAX2+がメインのハイスピードモード/au 4G・LTEが使えるハイスピードプラスエリアモードです。LTEが使い方方はハイスピードプラスエリアモード対応機種を選びましょう。